きちんとケアしていけば、ニキビ跡を治すことも不可能ではない

どんなに気を付けていても、ニキビ跡が残ってしまうことがあります。

 

そのようなときには、もう一生このままかも、と絶望的な気分になりますね。でも、美容液などできちんとケアしていけば、ニキビ跡を治すことも不可能ではありません。ただし、間違った使い方や肌に合わないコスメでは、ニキビ跡が悪化することもあります。では、ニキビ跡ケアのためにはどのようなことに気を付ければいいのでしょうか。

 

低刺激性のものを選ぶ

 

ニキビ跡を起こしてしまったお肌はとても敏感な状態です。ですので、あまり刺激が強すぎるものではかえってお肌にダメージを与えかねません。そのため、ニキビ跡ケアに使用する化粧品は、お肌にやさしい低刺激性のものを選ぶことです。天然由来の成分を配合しているものや無添加のものがよいでしょう。特に、アルコールが入っているものはお肌への刺激が強すぎるので避けるほうが無難でしょう。

 

美白成分を確認する

 

そもそもニキビ跡は、メラニンの色素沈着が起こっている状態です。ですので、きちんと美白成分が配合されているものを選ぶようにします。できてしまったニキビ跡に働きかけるだけでなく、メラニンの生成を抑制してくれるタイプのものがおすすめです。ビタミンC誘導体、トラネキサム酸、プラセンタなどが効果的な美白成分です。

 

保湿力に優れたアイテムを選ぶ

 

ニキビ跡を治すには、何よりも保湿が重要です。このため、ニキビ跡に使用する美容液や化粧品は、保湿成分がきちんと配合されているものを選びます。保湿成分としては、セラミド、コラーゲン、ヒアルロン酸、プラセンタなどが配合されているか、チェックしてみてください。

 

肌のターンオーバーを促進するものを選ぶ

 

できてしまったニキビ跡を消すためには、肌のターンオーバーを正常にする必要があります。メラニン色素を体外へ排出するためです。ですので、肌のターンオーバーを促進してくれる成分が含まれているものを選ぶようにしてください。また、抗酸化作用、抗炎症作用を持っている成分が使われているアイテムもおすすめです。