バランスの良い食事、質の良い睡眠で肌の質も良くなる

女性にとってはツルンとしたプルンプルンお肌は何歳になっても憧れますよね。

 

私も、思春期の頃や、今も生理前のニキビに悩んでおります。思春期の頃は、おでこのニキビがひどかったのでそれはさすがに皮膚科に行って薬をもらってぬっていました。上院の薬はすぐに治りますが、いろいろな人に言われたことがあります。それは、当時私はニキビを減らしたい気持から小学生の頃はつぶしていました。

 

「それはあとがのこるから絶対にしては駄目」ということです。気になってつい触ってしまいがちですが我慢するようにしました。後は甘い物をよく食べていたので控えることと、前髪がおでこに当たらないようにピンでとめる等、努力もかなりしていました。すると、全くなくなるわけではなかったけどちょっとの努力ですごくマシになりました。

 

高校3年くらにはもう、おでこのニキビはほぼなくなりました。しかし、30を超えた今でも生理前のニキビは毎月ではないけど時々できます。ニキビができるって体の何かしら変化があって何か原因があるはずです。毒素がたまってできることもよくあるので、とにかく汗をかこうと岩盤浴に行ったり家で半身浴をしたりもしました。

 

そうすると身体のリラックス効果もあるし、顔から汗がよくでて次の日の朝、化粧のノリがかなりよくなります。あとはやっぱり食事です。間食を控え、バランスの良い食事をとり質の良い睡眠をとることで肌の質も良くなります。絶対に手を抜かないのは、夜のお手入れです!!水分不足はしわの原因になります。

 

化粧水を手にとって顔に押し込むように「入れー入れー」とたっぷり水分をお肌に入れてあげます。あまりパンパンたたかないで大事に肌をジッとおすような感じでお手入れをしていきます。今の季節だと紫外線も気になります。紫外線があたるとかなり水分も奪われます。帽子をかぶって紫外線対策をすることと、外に一日出てた時はいつも以上にお手入れを大事にすることが重要です。