ニキビや、にきび跡、小鼻の黒ずみを綺麗に治す洗顔法

ニキビや、にきび跡、小鼻の黒ずみを綺麗に治すオススメの洗顔法があります。

 

私はよく、チョコレートやスナック菓子などの油分の多いものを多く摂るとすぐにニキビができます。
特に小鼻に赤いニキビができて、ニキビがなくなっても赤みだけが残ることがよくあります。

 

また、毎日メイクを落とす時にしっかりクレンジングで小鼻の黒ずみを落としているつもりですが、やはり落としきれていない汚れが蓄積されて黒ずみの原因になったりもします。
そこで、普段の洗顔を少し変えるだけでお金をかけずに綺麗になる方法を紹介します。

 

まず、クレンジングですが、オイルタイプのものを使って、小鼻をくるくると円を描くように優しく洗います。
ザラザラとした角栓が取れて手につく感覚がわかります。

 

お湯で流した後、洗顔フォームで洗顔しますが、この時手がオイルでベタベタになっていない状態にします。
手がベタベタだと綺麗に洗顔フォームを泡立てられないので、洗い上がりに差が出ます。

 

手を綺麗にしたら、洗顔ネットを使ってたっぷりのもこもこの泡を作ります。

 

逆さにしても落ちてこない状態の泡を作り、さらに最後に手で泡のキメを整えるようにして泡立てます。
それを一番脂っぽい小鼻からのせていきます。

 

ニキビがあるところに泡をつけて、優しく転がすようにして洗います。

 

この時指が肌に直接触れないようにして洗います。泡でポンポンと軽く押すようにして洗うと、泡が肌に吸着して持っていかれる感じがつかめると思います。
それからおでこや他の部分も泡で優しく洗います。
お湯でしっかりと流したら完了です。

 

この時、すでに肌がトゥルンとしているのが泡の流れ方でわかります。
また、肌がワントーン明るくなっているはずです。
洗顔フォームは高いものではなくてもいいです。

 

私はドラックストアで売っている500円以内のものを使っていますが、泡がもっちり仕上がるタイプのものを選んでいます。
泡がぺしゃんこだと全く効果がないので、泡に弾力があり、両手いっぱいに出来るくらいの洗顔フォームを使います。
保湿は化粧水をしっかり塗り、皮膚が余分な油分を出さなくていいようにします。
その後乳液や美容液などの普段のお手入れをするだけです。

 

洗顔を変えるだけで、肌は驚くほどキレイになります。